左手の力加減 | ギタープレイ編 | ギター初心者向けレクチャー
トップページ > ギター初心者向けレクチャー > ギタープレイ編 > 左手の力加減

左手の力加減

左手の指の力加減は、実は非常に微妙?

いろいろな初心者さん向けのギター教則本などを読むと 多くがまずはドレミを弾いたり、何かメロディを弾いたりするのが 最初の課題として掲載されています。

でも、いきなりドレミやメロディを弾くと言うのは 超初心者さんには結構ハードルが高いって・・・思うのです。

なぜかと言うと、 左手の押さえ方の基本的な考え方を理解されていないことが多いからなんですね。

と言うことでこちらの動画をまずご覧ください。

まず、左手で好きなポジションを 弦に触れるか触れないかくらいに押さえると言うか触れます。   そして右手でその弦をゆっくりと動画のように「ポン、ポン」と連続して弾いていきます。

ちなみにここは左手の話なので右手は親指一本でもピックでも どのように弾いても良いです。

当然ですが、押さえていないので音がキチンと出ていませんね。

そして徐々に左手の指に力を入れて押さえて行きます。

最初はモコモコとしていた音が ある程度力を入れるとビリビリとビビったような音になり そしてもっと力を入れていくとキチンとした音が出ていますね。

動画の後半を良く観ていただくと・・・ ビリビリとビビったような音のときと キチンとした音が出ているときの指の動きが ごくわずかなのが解りますか?

ほとんど動いていないのでは?って思うほど ごくわずかに指に力が入っているのが解りますよね?

これを試してください。

これを弾いてみることで解るのが左手の力加減です。

つまり・・・

指の力加減は実は非常に微妙であることと、力をそれほど入れなくてもキチンと音が出ること

が解ると思います。

まずはこれ・・・試してみてください。

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop