コード「Em」を弾いてみましょう | コードを押さえる | ギタープレイ編 | ギター初心者向けレクチャー
トップページ > ギター初心者向けレクチャー > ギタープレイ編 > コードを押さえる > コード「Em」を弾いてみましょう

コード「Em」を弾いてみましょう

ベーシックなコードの中では一番押さえる指の数が少ないコード

それではまずベーシックなコードを弾いてみます。

これはコードの名前(コードネームと言います)をEmと言います。 そしてそのまま「イーマイナー」と読みます。

 

上の表はコードダイヤグラムと言って その見方は下記のようになっています。

このコードは、実はベーシックなコードの中では一番押さえる指の数が少ないコードと言えます。 指2本ですから。

ベーシックなコードの中では…と言ったのは 実はコードには多くの種類があり、また同じコードネームでも いろいろな押さえ方があるからなんですね。

ちなみにわたしの持っているギターコードブックには 全部で7488種類のいろいろなコードや押さえ方が載っています。もちろん全部を覚える必要はありませんので。 最低限覚えておくと便利なのが先のベーシックなコードと言うわけです。

このベーシックなコードの種類についての話は後日にするとして・・・。まずはこのEmを弾いてみてください。

左手は中指で4弦を薬指で5弦を押さえますが いまの段階ではどの指で押さえても良いです。

右手はとりあえずどの指でもまたはピックでも良いので 先の動画のようにまずは6弦から1弦に向かって順番に ゆっくりと6弦から順番に弾いてみてください。

・・・・・・・・・

綺麗に全ての音が出ましたか?

このコードの響きは少し暗い感じの響きですね。

音が綺麗に出ずに、ビリついたような音になっていませんか?

なぜそうなってしまうのか?

その原因と それを回避するコツについては次へ。。。

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop