メロディをオクターブ上げてみます | 第4楽章 | Let's play ソロギター | ソロギターレクチャー
トップページ >  ソロギターレクチャー > Let's play ソロギター > 第4楽章 > メロディをオクターブ上げてみます

メロディをオクターブ上げてみます

ソロギターレクチャー【第4楽章・Track24】

まずは、メロディをオクターブ上げて単音で弾いてみて下さい。

かなり、高いフレットの方まで使用するようになりますね。ここに、和音をつけていくわけですが、その前にコードについて少しお話します。

今までダイヤグラムでお話していたコードはいわゆるローコードと言われています。これは、比較的ギターのヘッドよりのコードでギターをはじめると最初に覚えるコードたちになります。解放弦を利用しますので、比較的簡単で覚えやすいわけです。

ところが、メロディが今度は高いフレットで奏でることになりますので当然ですが、ローコードでは対応が難しくなります。

そうすると、初心者の方が苦労するいわゆる、セーハと言われるコードが出てきたり指を結構開かないとおさえられないストレッチ的なコードが出てくるわけです。

そこで、今回のメロディを弾くために必要と思われるコードのダイヤグラムをご紹介したします。

まずは「G」です。

この形は比較的ポピュラーな形になります。さっそくセーハが出てきました。これは3フレットを人差し指で全部押さえます。

あまり見たことの無い形ですね。でもこれも「G」なんです。

これも一般的ではありませんね。もちろん7フレットはセーハします。10フレットを小指で押さえるのですが結構大変です。

まあ、これらのコードは一応形を理解していれば良いのではないかと思います。ちなみにその他のコードもダイヤグラムをご紹介いたします。

それでは実際に、メロディにコードをつけていきたいと思います。

先ず1小節目ですが、メロディをダイヤグラム上で表現するとこのようになります。

つまり1拍目の「シ」を押さえることが出来て、さらにコードを押さえることができるものを選択するわけです。

先ほどご紹介した「G」の3種類の中で、無理が無く押さえられるのは2番目か3番目の形になります。

どちらを利用すれば良いかと言う事ですが、これはお好みと言う部分があります。実際には前後の音の動き等によって選択するのですが今回は2番目の形で話をします。

それぞれを重ねてダイヤグラムで表すとこのようになります。

もちろんこのまま弾いても良いのですが、結構押さえ難い形なので省いても影響が少ない音を省きます。

この場合は「G」と言うコードの構成音である「ソ」=ベース音、「シ」=3度の音、「レ」=5度の音を見てみるとメロディ自体が3度の音になっています。さらに4弦の5フレットがベース音で3弦の7フレットが5度の音になっています。そして2弦の8フレットはまたベース音の「ソ」になっています。

この場合は、ダブっている2弦の8フレットの音を省くと、まさにコードトーンそのものになるわけです。したがってこのように弾きます。

ここまではお解かりでしょうか?

続いて2拍目は1番目の形が使用できますのでこのようになります。

さらに、3拍目も同じ形を使用でします。

こんな風に、和音を重ねていけばよいわけです。実際にご自分でメロディに和音をつけて見てください。

わたしのつけ方は次のTrackでご説明します。

 関連記事
  • Let's Play ソロギター・目次
  • イントロ…ソロギターレクチャーについて
  • 第1楽章…課題曲・童謡「うみ」を題材に メロディとベース音を同時に弾くための基本的な話
  • 第2楽章…メロディとベース音に、コード音を入れるための基本ポイント
  • 第3楽章…ベース音の動かし方の基本、発展の仕方
  • 第5楽章…最終的なアレンジの完成とそのアレンジの考え方
  • 第6楽章…課題曲「ロンドンデリーの歌」でソロギターにおけるアドリブを考える
  • 第7楽章…ギターの特性である平行移動を利用しソロギターに生かすための話
  • ソロギターアレンジ…童謡を中心にソロギター用にアレンジした曲のmp3、譜面

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop