具体的にソロギターへ | 第7楽章 | Let's play ソロギター | ソロギターレクチャー
トップページ >  ソロギターレクチャー > Let's play ソロギター > 第7楽章 > 具体的にソロギターへ

具体的にソロギターへ

ソロギターレクチャー【第7楽章・Track52】

前のページの話はお解かりいただけましたでしょうか?

・・・・・・・・。

では、具体的にどのようにソロギターに生かしていくのかと言うことを話します。

例えば、次のようなワンフレーズがあります・・・

これは童謡「春の小川は・・・」ですね。

普通にローコードでソロギターとして弾く場合には、多分1小節目のF部分や2小節目の1弦の8フレットの部分で・・・困りますよね・・・きっと。

でも、このレクチャーでお話をしているフォームと言う考え方を使用すると全てのメロディにコードをつけることが出来ます

これが出来ると、あとはベース音の動きやアルペジオなどのバリエーションと組み合わせてソロギターが完成すると言うことなんです。ここで一歩、メロディ譜とコード譜だけでソロギターが弾けると言うところへ近づきましたね。

まず1小節目です。1拍目と2拍目はローコードで押さえることができますので良いですね・・・

となります。

次の3拍目、4拍目がポイントなんですが、3拍目でコードが「F」にチェンジしています。基本的にコードチェンジをしている部分ではコードを弾いた方が良いので、ここはどうしてもコード「F」とメロディの1弦5フレットの「ラ」を弾きたいところなんです。

しかしローコードの「F」と、このメロディを組み合わせて弾くことはポジション上かなり困難です。手がとどきませんよね。多分。

ここでフォームと言う考え方を使用するわけです。

つまりこのメロディのポジションである3〜5フレットあたりで押さえることが出来るコード「F」とメロディを一緒に弾くと言うことです。しかし、これではいちいちコードを覚えておかないといけなくなりますね・・・。

さらにここで平行移動を利用するんです。

平行移動で考えると、ローコードの「F」はEフォームの「F」と言うことはすでにお解かりですね。

これを、前のTrackの表に照らし合わせると3〜5フレット付近ではDフォームの「F」が使えそうと言うことが解るわけです。さらにメロディを無理なく弾くことができるかを加味して決定します。

そうするとこんな感じになります。

Dフォームの「F」で3拍目を弾いたと言うことです。

ちなみに次の4拍目は、そのままDフォームで弾いても良いのですが、実はこの音はコード「F」のノンコードトーンになります。以前のレクチャーでお話をさせていただきました。

ですから、ここではベース音の動きを使用して、「ファ」をから半音下の「ミ」へプチクリシェとしているわけです。少しこんなフレーズが入っただけでもいい感じになりますね。

長々と考え方を書きましたが実際の演奏ではこれを一瞬の内に判断して弾くわけです。

これは練習と日頃の鍛錬で必ず出来るようになりますので頑張っていただきたいと思います。わたしも一瞬の内にはなかなか出来ないのですが・・・。

いよいよ第7楽章も終わりです。先ほどの続きと全体のまとめは次のページで。

 関連記事
  • Let's Play ソロギター・目次
  • イントロ…ソロギターレクチャーについて
  • 第1楽章…課題曲・童謡「うみ」を題材に メロディとベース音を同時に弾くための基本的な話
  • 第2楽章…メロディとベース音に、コード音を入れるための基本ポイント
  • 第3楽章…ベース音の動かし方の基本、発展の仕方
  • 第4楽章…ベース音に加えて、コード音をさらに豊に入れるための方法
  • 第5楽章…最終的なアレンジの完成とそのアレンジの考え方
  • 第6楽章…課題曲「ロンドンデリーの歌」でソロギターにおけるアドリブを考える
  • ソロギターアレンジ…童謡を中心にソロギター用にアレンジした曲のmp3、譜面

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop