ベース音の位置を覚える | 第7楽章 | Let's play ソロギター | ソロギターレクチャー
トップページ >  ソロギターレクチャー > Let's play ソロギター > 第7楽章 > ベース音の位置を覚える

ベース音の位置を覚える

ソロギターレクチャー【第7楽章・Track47】

前のページで話した必要最低限の覚えることと言うのは、結論を先に言ってしまうと、それはベース音の位置を覚えると言うことです。しかも4弦・5弦・6弦の音です。

このことについて具体的に話して行きます。

例えば、「E」と言うコードの場合で考えて見ます。

コードと言うのは大きく分けると2つの要素から出来ています。

ひとつは、和音。つまりハーモニーの部分です。

そしてそのコードを決定づけるもうひとつの要素がベース音です。

ベース音はルート音とも言われています。このあたりのお話は以前の楽章でお話していますのでOkですね。

と言うことで、「E」のベース音は「ミ」ですね。

ベース音を、基本的にはコードネームにそのまま使っていると言うこともご存知ですね。

ローコードの「E」の場合は、ベース音「ミ」は6弦の解放になります。

    ローコード「E」のベース音

このローコード「E」が平行移動して1フレット高い方へ行くと、「F」になります。その場合のベース音はやはり6弦になり、フレットは1フレットになります。

    ローコード「F」のベース音

つまり、「F」の丁度セーハする部分に当たるところの6弦がそのままベース音になる訳です。

と言うことは、6弦上に並んでいる音を覚えればその音のフレットでセーハして「F」と同じ形でコードを押さえればその音がそのままコードネームになると言う事です。

お解かりでしょうか?

具体的に見てみると、まず6弦の音の並びは下のようになっています。

6弦の音の並び

例えば、5フレットをみると、音は「ラ」ですね。ですから、5フレットをセーハするような形でこのようにコードを押さえると・・・

6弦「ラ」でのコード

となります。

これは、「ラ」の音が6弦で、先ほどお話したようにそのままそれがベース音になりますので、ベース音は「ラ」。そしてそのベース音はそのままコードネームになりますので「ラ」は「A」です。したがって、このコードは「A」となる訳です。

これがもし7フレットだったら・・・

6弦「シ」でのコード

このようになります。

6弦の7フレットは「シ」ですのでベース音が「シ」。つまり「B」です。と言うことで、このコードは「B」と言うことになります。

またこの法則はその他のローコードでも当てはまります。

例えば、「G」の場合は・・・

   6弦「ソ」でのコード

このようになります。このコードも6弦上にベース音を持っているわけです。

ですからこの形のまま平行移動して行き、丁度ローコードの6弦の3フレットに当たる部分の音がベース音、すなわちコードネームになる訳です。

そこで、これをそのまま平行移動で5フレットまで移動すると・・・

   6弦「ラ」でのコード

このようになります。6弦の5フレットは「ラ」ですので、このコードは「A」と言うことになります。

ここまではお解かりでしょうか?

・・・・・・・・・・・・。

今は6弦上の音だけのお話でしたが、これは5弦上でも4弦上でも同じ法則になります。

ちなみに5弦と4弦上の音の並びはこのようになっています。

5弦の音の並び

4弦の音の並び

例えば、ローコードの「C」を見てみると・・・

    ローコード「C」のベース音

5弦の3フレットがベース音「ド」になっていますね。

これもそのままの形で平行移動をしたときに丁度この部分に当たる音がベース音になり、それはそのままコードネームになる訳です。

例えば、2フレット高い方へ行くと・・・

    5弦「レ」でのコード

このようになります。5弦の5フレットがそのままベース音、つまりコードネームになりますので、このコードは「D」と言うことになります。

さらにローコードの「D」は・・・

    ローコード「D」のベース音

このようになります。この場合は4弦の解放がベース音になっていますが考え方は同じです。そのまま2フレット高い方へ平行移動すると・・・

    4弦「ミ」でのコード

このようになります。ベース音は4弦の2フレットの「ミ」ですのでそのままこのコードネームは「E」と言うことになります。

だいぶ混乱してきましたか?

じっくりとギターを片手に読んでいただければ、お解かりいただけると思うのですが・・・。次のTrackで少しまとめておきたいと思います。

 関連記事
  • Let's Play ソロギター・目次
  • イントロ…ソロギターレクチャーについて
  • 第1楽章…課題曲・童謡「うみ」を題材に メロディとベース音を同時に弾くための基本的な話
  • 第2楽章…メロディとベース音に、コード音を入れるための基本ポイント
  • 第3楽章…ベース音の動かし方の基本、発展の仕方
  • 第4楽章…ベース音に加えて、コード音をさらに豊に入れるための方法
  • 第5楽章…最終的なアレンジの完成とそのアレンジの考え方
  • 第6楽章…課題曲「ロンドンデリーの歌」でソロギターにおけるアドリブを考える
  • ソロギターアレンジ…童謡を中心にソロギター用にアレンジした曲のmp3、譜面

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop